パートナー型
コンサルティングとは

パートナー型コンサルティングの図

一般的にコンサルティングとは、知識を(ある意味で上から)教えることと認識されています。しかし、パートナー型コンサルティングとは、クライアントと安心安全ポジティブな関係をつくり、正解そのものを見つけることよりも、見落としている盲点、着眼点を気づかせること。いわばコーチのような存在です。

パートナー型コンサルティングを
選ぶメリット

客観視するコンサルタント

相談相手がおらず、自己管理が難しい中小企業経営者にとって、 今、自分の目標に対する到達度を「客観視」してもらえること。 それに付随して「精神的な安定」をもたらしてくれる存在。「振り返る時間を定期的に確保」できるパートナー型コンサルタントは存在そのものに価値があります。

具体的な5つのアプローチ手法

ビジョンの図

パートナー型コンサルティングでは、クライアントが「ドンブリ経営」から脱出し、事業が永続発展するため、大きく4つの着眼点からアプローチします。まず、計画段階で、目指す理想の姿を描き(ビジョナリープラン)、 その裏付けとなるお金の計画(キャッシュフロープラン)を立てます。その計画の実行を支援するため、課題を明確にし、どんな条件が整えば理想に近づくかを具体的にする対面のセッションを行い(ビジョナリーコーチング)、そこで出てきたご自身の対応策をセルフマネジメントするツールとして明快Vノートを活用します。

明快マネジメントの事業全体の
関係性を見る >

計画支援

目指す理想の姿を描き道筋をつくる

ビジョナリープラン

ビジョナリープラン
一時的な成功を求めるのではなく、継続的に成長発展していくためには、「なにをするか」以上に「どうあるべきか」というスタンスが重要です。具体的には、クライアントのビジョンを明らかにし、そこへ到達するために逆算してプランを作り、社長と社員が向かう方向を一致させます。

お金の流れを見える化する

キャッシュフロープラン

キャッシュフロープラン
将来の、会社のお金の流れを見通せる「仕組み」 を作ります。お金の悩みの本質は「儲かっているか、 儲かっていないか」だけではなく、「お金の流れが 鮮明か、不鮮明か」ということが見落とされている盲点です。つまり、「お金がいくら入って、いくら出て、いくら残るか」を現在から、未来に至る まで、すっきり見通せるようにしてあげられたら、このお金の悩みは取り除くことができます。
実行支援

理想の姿を実現に移すための気づきの場

ビジョナリーコーチング

ビジョナリーコーチング
人は他者からされる質問や、自分で投げかける質問によって、半ば自動的(反応的)に答えを出していきます。現状と理想にハシゴをかけるため、本来望む結果が得られるよう着眼点を投げかけながら、クライアントと一緒に4つのステップで最善策を考えていきます。

経営数字の根拠をもって、納得の意思決定

キャッシュフローコーチング

キャッシュフローコーチング
社長が納得の意思決定ができるよう、選択肢を増やし、経営数字で根拠づけをします。(設備投資の可否、賞与額をいくらにするか、借入の上限設定etc)そして毎月1回、計画と実績のギャップを把握し、解決策の立案を行います。また、社長が言っても伝わりにくいお金の話(給料やボーナスはどこから支払われているか、利益はなぜ必要か、など)を、社長に代わって専門家としてで社員にレクチャーします。
PDCA支援

ビジョンを実現させるための行動支援ツール

明快Vノート

明快Vノート
ビジョナリープランを実現させるための行動支援ツールです。日々の業務の振り返りに使用することで、PDCAが自身の中に定着し、目標達成のスピードが加速します。また部下育成のためのコミュニケーションツールとしてもご活用いただけます。金融機関、税理士のみなさんにとっては、クライアント先の管理支援ツールとしてご活用いただけます。

パートナー型コンサルティングの流れ

安心安全ポジティブな
関係を構築する期間

お困りごとの十分なヒアリング

ご提案

ご契約
現状把握

より細かな現状分析

企業内分析
├ 経営者ヒアリング、幹部ヒアリング、従業員ヒアリング
├ 決算書3期分の分析
│ └ ワンシートマネープラン(過去3年分のお金の流れを把握する)
└ 組織分析
├ 理念、ビジョン、経営戦略の有無、組織図、規定…の把握
└ 運用状況の把握
外部分析
├ 顧客動向・競合・将来の社会変動(技術・経済)がどう貴社に影響を及ぼすか
└ SWOT 分析等
対策の方向性

経営者の想いの言語化(経営理念)

ビジョナリーマップ(ビジョン策定の着眼点を示し共に描く)

経営戦略の立案

各種フレームワークを活用(ビジネスモデルキャンパス etc)
具体的対策

行動計画・数値計画

年、月、週ベースにブレークダウン
実行支援段階

経営計画発表会の開催(推奨)

覚悟が決まる・利害関係者への周知

日々の行動を明快Vノートで振り返り

PDCAに基づいた行動支援

毎月1回のモニタリング

作戦会議・クオリティタイム
計画の達成

随時起こる重要課題は、ヒアリングしながら解決策を一緒になって解決していきます。

私たちが大事にしている5つのキーワード(行動指針)

  • 安心・安全・ポジティブな場づくり

    私たちとクライアント、お互いにとって心地よい場は、インスピレーションが広がり、ベストなアイデアが生まれるようになります。

  • ワクワク感

    成長&愉しみのある理想の姿を言語化することで、ワクワク感が増大し、本業に専念し、行動が加速します。

  • スピード感

    1日24時間は万人平等に与えられてる条件です。経営環境は刻一刻変化しますので、意思決定、レスポンス等すべての行動においてスピード感を重視します。

  • 実践的

    単に頭で理解した知識やアイデアではなく、具体的に行動に移して初めて結果が生まれます。いわゆる「知行合一の精神」を基本とします。

  • バランス感覚

    環境の変化に応じて、自らを相対的に変化させていく意識のことです。原則に囚われすぎず、柔軟に対応できることです。

メールでのご相談 電話でのご相談